目元のたるみ 予防

早いうちから目元のたるみを予防する

女性が自分の肌のケアについて真剣に考え始めるのはいつ頃からでしょう。
多くは30代後半〜40代前半だと聞きます。
早い方で、20代後半〜30代前半。
皆さんはいつ頃から自分の肌と真剣に向き合ってきましたか?
実は私の場合、20代前半から試行錯誤してきました。
なぜなら、10代の頃にとても嫌な思いをしたから…。
でも、その思いがあったからこそ今の私、カリスマと呼ばれる美魔女の私が存在するのです。
だから、ぜひ皆さんにも早めに自分のお肌と向き合って欲しいのです。

 

 

20代前半は、一番楽しい時期かもしれません。
海で泳いで、お酒を飲んで、夜の街で遊ぶこともでき、自由な時間、自由に使えるお金がある一番いい時期。
しかし、この時期にお肌のケアを怠ると、早ければ20代半ば過ぎ、遅くても30代入って暫くすると、「あれ?なんか私こんなに老けていたっけ?」という結果が待っているのです。
そこで大切なのは、紫外線ケアであったり、基礎化粧品選び、そしてメイクはしっかり落としてから寝ること。
たまに、「いくつになってからでもケアはできますよ」という話を聞いたりもしますが、私はしっかりとお肌を守ってあげる必要があるのは歳をとってからではなく、若いうちから必要であると思っています。
顔の筋力を鍛えるのも大切ですが、そもそもお肌へのダメージを与え過ぎてしまうと、それは取り返しのつかないことにもなりかねません。
最近では若い子でも日傘や帽子をかぶっていたり、化粧品もきちんと日焼け止め効果であったり、紫外線対策用の下地やファンデーションを使用している人が増えてきています。
確かに私が若かった頃に比べると、だいぶ紫外線が強いなと感じるようになりましたから、ケアはしっかりとしなければいけませんね。

 

そうそう、大切なことを伝えるのを忘れていました。
女性は妊娠すると、お肌に限らず全てにおいて衰えを感じるようになります。
たとえば、虫歯になりやすくなったり、シミができやすくなったり、白髪がはやくはえてくるようになったり…個人差はありますが、これは拒否できないことですので、妊娠したら特にケアは重要になってきます。
晩婚の現代社会では、30代後半〜40代でお子さんを生む方も増えてきています。
このくらいの歳ですと、お肌も老化が進んでいますので、より注意しなければならないということを忘れないでくださいね。
いつまでも若々しい女性であり、キレイなお母さんであるために、日々のケアをしっかりと行っていくことが重要です。
頑張れ女性の皆さん!